「グラブルlevel2」

究極によわい、ランク100が誕生した。

このゲームでも、違うゲームでも、ランクが3桁になるっていうのは特別なことだと思う。

 

この不安感、末尾に0がつく度に感じていた。

 

たしか最初に感じたのは60か、70のときか。

なんだかあっという間にランクが上がってしまうから、そのときの感情は事細かには思い出せない。

 

 

 

ランク44くらいで、このゲームを真剣にやりたいと思って「スタダ」を購入した。

これは、好きなキャラクターをお金を払って確実に手に入れるというもの。最初はかなり渋ったけどええい、ままよ!と意を決し、

「よだじい」に会いに行った。

 

このキャラクターは、「大きな固定ダメージを簡単に打てる」という強みがあって、そのダメージは戦力だとか武器スキルだとかに依存しない為、登録したての初心者でも易々とその恩恵にあやかれる。強くなればなるほど「それだけ」のキャラクターになってしまうのだけれど、そのレベルまでいくのは、相当先になる。

 

彼に出会ってからというもの、そのこじんまりとした背中を頼りに、雑多な困難をすり抜け夢中で掛けていった。そうしたら、異常なくらいレベリングが加速した。

この時、彼の背中しか見ていなかったから周りの世界が変わっていくことには鈍感だった。

 

じいが苦手とする土属性に対しての、有利属性風パーティーでさえもを彼に牽引させていた。固定ダメージは強いものの、じいの通常攻撃トリプルアタックはゾッとするほどダメージが低かった。ゆぐまぐの通常攻撃で落ちたら、救援を頼った。「これでいいのか?」と自問自答を繰り返す。

 

完全なる「ヨダ爺依存症」この時は、彼が居なかったら何にもできやしなかった。

 

笑ってしまうことに、大袈裟じゃなく島ハード(低難易度でヨダ爺のワンパンで落ちる)しかやっていた記憶がない。これは、消費AP半額期間がきっかけで、全属性やる習慣が身についた。

 

ランク70、いや、80でもそんな調子だった気がする。

島Hは機械的に回るものの、スキルは2止まりばっかりで、SR3凸を乱暴にならべてはいくものの戦力は低く、本当に何をしているのかわからないレベルに成長しなかった。

マグナはケチって(臆して)自発せず、キャラはおらず。(土にいたっては本当に最近までSR以上がストーリーオイゲンとジャスミンのみ)

f:id:namae_ha_namae:20160922165459j:plain

セレアニマとシュヴァアニマなんかは最早置物、3桁溜まっていた。セレシュヴァは化物と思い込んでいたので闇と光に至ってはマグナも並べきってやしなかったのだ。

 

何度も言うようだがヨダ爺がいないと何もできないので、詰んだ。

 

この、ずーっと「強いキャラ一人」に頼ってきたところをそろそろ自分でやれるようにならないといけない、と考えを改める瞬間は、結構堪えた。

 

このまま強い敵から逃げて、島ハードとかヘイロー、ストーリーイベント、古戦場の目玉狩りなど低難易度なものばかりやっていてもランクは100になるだろう。そしてそれは楽ではあるだろう。しかし流石にそのような人は見たことがない。まあでもそれもアリだとは、思う。

 

カッチカチの岩石のようなマグナの前で立ち竦む毎日。ヨダ爺は離れた岩場から見守ってくれている。

 

(この経験からマグナにビクビクするくらいなら確定とか拘らずに自発しようぜと思う。その内出来るようになったらいいなって適当に始めたほうが、成長は絶対に速いというか「遅くならないで済む」)

 

 

 

・・・

 

そんな中少し時が過ぎてふと周りを見回すと、同レベル帯のキクウシは戦力5万を超えていて、メイン武器がシュヴァ剣4凸だったりスキレベ10がデフォだったり、サラーサだとかソーンだとかのジュッテンシュウがフッツーにパーティにいたり、アテナ4凸がフレ石にいたり、そんな人を頻繁に見かけるようになっていた。

 

80のときの焦燥感とは違い、やけに現実味がある。まだ85くらいだったはずなのに。ランク100の自覚なぞなかった。

 

マグナの確定流しはほぼ全属性毎日やっているし、島ハードはもちろんやっているし、攻刃がでたらすぐ凸してるのに。計算が合わない。

 

なぜ私は「戦力4万ちょい」なんだろうか。

(戦力は今更ではなくいつも同レベル帯から下方にズレていた。)

 

属性強化スキルは満遍なくあげてはいるもののパッとしない。

f:id:namae_ha_namae:20160922165402j:plain

 

 

こんな感じでネガティヴモードに突入した。

弱いのにやたらと強そうな団に転入させてもらったものの。このゲーム、リアルの友達はやっていないし。共闘やHLマルチに入るのも野良だけ。フレンドは10人位いるが交流はない。

・・孤独感に苛まれることも最近はしばしばある。

 

もう、どことなく感じる重圧にやめちゃおうかな〜〜と思った一瞬。それを無視して続けていたら。

 

アサルトタイム外マグナソロができるようになり、討滅戦マニアックやストーリーイベントのヘルもこなせるようになり、と成長したのだから不思議だ。継続は力なりである。

 

十天衆やクラスIVのペースは遅れるかもしれない。

オルディネしゅたいん?とかを半額で貯めなければ。栄誉の輝きを20貯めることでさえてんてこまいな私だが。がんばる。

 

ランク詐欺、しばらく続きそう。